ムダ毛の脱毛、興味がある女性は多いですよね。
昔に比べて、脱毛サロンも増えて、価格的にも安くなってきているので、最近の若い世代の女性の方が経験も多くしているのではないでしょうか?

簡単なわきの脱毛から腕や足などの普段目に付く部位などの脱毛をしている方は多いと思いますが、全身脱毛はどうでしょうか?

そもそも、腕や足、わきは、タンクトップやキャミソール姿で施術をおこなえますし、抵抗感も少ないと思うのですが、全身脱毛ってどうでしょう?
確実に、着衣しているものは脱がなくてはいけませんよね。
背中などは、まだ良いとして、胸を露出した状態で施術を受けることになると、やっぱり恥ずかしい。と思うのではないでしょうか?
想像すると、私も恥ずかしくなります。
美容室でシャンプーをしてもらう時、目をつぶるか瞑らないか悩みませんか?
そんな時に、小さいガーゼを目に当ててもらうことで、その悩みと、なんとなく寝顔を見られるような恥ずかしさが激減します。私だけでしょうか?
例えば、そんな感じで、胸の部分に当て布なんてしてもらえると、恥ずかしさも半減しそうですが・・・。実際そんなことはなく、裸の状態で、数人のスタッフの方が一気に施術をおこなう。ということもあるらしいですよ。
同じ女性であり、対応に慣れているスタッフの方は、きっと何も思わずに施術をしてくれるんだと思いますが、施術時の恥ずかしさを考えることで、全身脱毛に踏み切れない人もいるようです。
さらに、最近はVIOラインというデリケートゾーンの脱毛も当たり前になってきているのか、脱毛サロンのホームページなどでもよく目にします。
昔はわきの脱毛でさえ恥ずかしいと思ってしまっていたのに、VIOライン?!
知ったときの衝撃は大きかったです。
当時、いち早く全身脱毛を始めた後輩が、Vラインもしている。と言っており、Vラインってどこまで処理するの?!と思ったのですが、水着を着るときにどうしてもはみ出してしまうムダ毛の処理は自分でしていたので、なんとなく理解できます。
でも、IOラインって・・・。
どんな姿勢で?何か隠すものは?
想像するだけで、やっぱり恥ずかしいですね。
VIOラインの脱毛に踏み切れるイマドキの女性って、すごいな。と思います。

実際、恥ずかしいのは本人だけで、施術する側のスタッフさんは「何も気にならず、無心に毛を処理しています。」と言ってる方もいるので、きっと一度体験すると、気にならなくなるのかも知れませんが。
でも、やはり女性ですし、恥ずかしい。という気持ちがあるのが当たり前で、それでよいんだと思います。
ちなみに、Iラインの施術をした方の、生理の時が楽になった。という意見を聞いて、なるほど!と思いました。恥ずかしいけど、ちゃんとその成果があるなら、恥ずかしさを我慢して、脱毛する意味はあるのかもしれません。