最近、脱毛専門のサロンが増えて、各社、色んなキャンペーンやプランで広告を出していますね。インターネットで各社の比較も出来るし、女性にとっては、脱毛に対して随分前向きになれる時代だと思います。

全身脱毛というと、思い浮かぶのは専門のサロンやエステサロンですが、他にも方法があるのでしょうか?
全身脱毛の方法について調べてみると、次の3つが主流になります。

①脱毛サロン
②医療機関
③家庭用脱毛器

皮膚のことを考えると、実は医療機関での脱毛が一番安心な気がしますが、費用的にも行き易さにしても、やっぱり専門の脱毛サロンが身近に感じます。
でも、上記のどれも、全身の脱毛を行うことが可能です。

この3つの方法、レーザー脱毛と光脱毛(フラッシュ脱毛)という二つの方法に分けられます。

一般的に知られている脱毛サロンは光脱毛(フラッシュ脱毛)で脱毛を行い、医療機関や美容皮膚科などで行われるのがレーザー脱毛方式。
家庭用の脱毛機器は、どちらの仕様もあります。

毛の毛乳頭という部分にダメージを与えて、毛の育成を抑えてムダ毛をなくしていく、という仕組みは光脱毛(フラッシュ脱毛)もレーザー脱毛も変わりません。
ですが、光脱毛はレーザー脱毛に対してパワーが弱めで、毛乳頭にダメージを与えながら毛を目立ちにくくする効果があります。
一方、レーザー脱毛は、同じく毛乳頭にダメージを与えますが、毛を作る働きを破壊して毛を生えてこなくする方法になります。

光脱毛は、照射のパワーが弱く、痛みも少ないです。
レーザー脱毛の方が照射のパワーが強く、少ない回数で効果がでます。しかし、光脱毛に比べて痛みを感じやすいそうなので、施術を受ける方は、短期間での効果をとるか、痛みを感じないほうをとるか、自分に向いてるほうを選ぶと良いでしょう。

また、現在は主流ではないですが、ニードル脱毛といって、毛穴の一つ一つに針を通し、電気を流す方法もありますが、時間もかかるし、痛みもともなう。というデメリットがあります。
家庭用の脱毛器は気になりますが、全身ともなると自分でおこなうのは難しくなりそうですね。手の届かない部位を家族にお願いできるなら、自分でしてみるのも良いかもしれません。

それぞれにメリット、デメリットがあります。
できれば、医療機関に相談して不安をなくして、自分に合った脱毛方法を見つけて、全身脱毛をおこなってみては良いのではないでしょうか。