脱毛サロンや医療機関などで、お手軽で比較的簡単に出来るようになった全身脱毛。
最近は医療機器の進化によって、お肌の弱い方でも施術できる。
なんて広告に乗せているところもあるようです。

そんな中で、全身脱毛による副作用って気になりませんか?

副作用のイメージは、薬などの内服や外部薬の塗布などで、体に何かしらの不都合が起こってしまう。良くなるはずが悪くなってしまう。というところでしょうか。
全身脱毛では医療用レーザーでムダ毛の根元にある毛根を焼いて、毛が生えてこなくなるように細胞を破壊する。という方法をとります。

副作用として考えられるものとは何でしょう?
体調不良を起こしたり、皮膚がんになったり・・・。
調べてみると、こういった『副作用』はない。ということです。
脱毛用のレーザーは、皮膚の表面から3ミリくらいのところにある毛根に対して赤外線を当てて、処置をするので、その下にある血管や神経を痛めることはないんです。
ですから、体内に何かしらの悪い影響を与えることはないそうですよ。

しかし、気をつけなければいけない点は多くあります。

脱毛する際に使用するレーザーなどは、皮膚の黒い部分に反応するため、日焼けをしていたり、シミやアザにも反応するんだそうです。
日焼けの部分にレーザーが当たれば、不必要に熱を帯び、余計に日焼けをした状態になって、低温ヤケドの状態になります。
また、色素沈着を起こして、皮膚がシミのようになってしまうことも。

体調によっても、肌荒れを引き起こしやすい時期があるようですので、自分の体の調子と相談しながら、脱毛の施術を受けるほうが良いみたいです。

副作用とは言わなくても、施術によって肌がボロボロになってしまったり、色素沈着やブツブツが出来てしまうのは、本人にとって大変悲しいことだと思います。
医療機関で処理をするにも、専門エステで処理をするにも、施術してくれるスタッフと事前によく相談をして、後悔のないようにしてくださいね。